ホーム | 積丹半島の海岸線メモ Index

ヘロキカルシ@古平町群来町

ヘロキカルシ「heroki-kar-us-i 鰊をとる・いつもする・ところ」。 西蝦夷日誌は人家多しと記し、永田地名解は「往時より鯡の来群る処なり。今は来群村と称す」という。

丸山岬(カムイシリパ)を望む
[写真]群来町より丸山岬(カムイシリパ)を望む。

厚苫岬側の袋澗を望む
[写真]群来町より厚苫岬側の袋澗を望む。

旧道。

[写真]群来町を走っていた旧道。 [写真]群来町を走っていた旧道。

海岸と旧道との間の傾斜地には、番屋だったのか家屋だったのか、石垣が残っている。散策していると往時が忍ばれます。

[写真]群来町。 [写真]群来町。 [写真]群来町。

江戸時代の積丹町と古平町の正確な境界は分からないのですが、西蝦夷日誌のビクニの項最後に出てくるポンチシって現在の古平の群来にある立岩じゃないんですかね?

[写真]ポンチシ。 [写真]ポンチシ。


ToDO:
丸山までの旧道散策。
上の地すべり地形観察。
クマゲラの番を見かけた。うろうろ散策したのでストレスかけてしまっただろうか。ごめん。