ホーム | 積丹半島の海岸線メモ Index

イカエウシ@積丹町七軒町

厚苫岬の付け根の鞍部がイカエウシ。「ika-e-us-i 越える・そこに・つけている・もの」あるいは「越える・そこで・いつもする・所」。 それとも「i-ika-e-us-i それ・越える・そこで・いつもする・所」か。

ちょうど積丹町と古平町との境界になっている。 昔の古道が実際にどのようなルートだったのかはよくわからない。旧厚苫トンネルの積丹町側の坑口辺りを浜から鞍部へ向かって斜めにあがっていたような痕跡がある。 古平側は、地形図に旧厚苫トンネル脇に破線の道が記載されているが、それが該当するものなのかどうか。 そもそも、海岸沿いに国道ができる以前の旧道の切り通しがしっかりと残っている。

[写真]イカエウシ。 [写真]イカエウシ切り通し。 [写真]イカエウシ。 [写真]イカエウシ切り通し。

七軒町の由来となった家屋のあったであろうと思しき痕跡は、鞍部背後に人為的な平坦地があるのでなんとなく想像できます。

[写真]七軒町周囲。 [写真]七軒町周囲。 [写真]七軒町周囲。 [写真]七軒町周囲。

ところで「厚苫岬」の名称ともなっている「厚苫」の由来がわからない。

鞍部より眼下を望む
[写真]厚苫岬の鞍部より入江を望む。

松浦図や西蝦夷日誌には「アトマイ」「アトイコイ」という表記がある。 素直にとると「at-oma-i」で「オヒョウニレ(の樹皮)・ある・ところ」。 積丹町史にあるように「at 群来る」と解するのなら「heroki-at-moy」の「heroki」が落ちたものなのか。 「アトイコイ」の方は「heroki-at-e-koy 鰊・群来る・そこで・波立つ」か?