ホーム | 積丹半島の海岸線メモ Index

二万保@積丹町入舸町

danger! -- 危険 -- danger!

昔の出岬村二万保。二マンボというのはおそらく「nino-un-pe ウニ・ある・所」。 西蝦夷日誌では「ニマホ nino-oma-p ウニ・そこにある・所」。 島武意海岸の西隣の入江。ただし、二マンボへと降りる道は薄くなっていて危険。

松浦武四郎は「ここの上なる沢に大なる硫黄山有り」と表したように、安山岩の地層に流紋岩が貫入している様がまるで硫黄山のように見える。 が、硫黄山ではなかったり。

[写真]出岬を望む。

[写真]二マンボ。 [写真]二マンボ。 [写真]二マンボ。 [写真]二マンボ。 [写真]二マンボ。 [写真]二マンボ。 [写真]二マンボ。 [写真]二マンボ。

生活の痕跡。

[写真]舟着き場。 [写真]舟着き場。 [写真]二マンボにある石垣。 [写真]二マンボにある石垣。 [写真]二マンボにある石垣。 [写真]二マンボにある石垣。 [写真]二マンボにある石垣。 [写真]二マンボにある石垣。

やっぱり、崖の際は崩落する岩デブリで埋まるものなのか。おっかねえー!


ToDO:
磯釣り。