ホーム | 積丹半島の海岸線メモ Index

沼前@積丹町神岬町

沼前という地名は岬周辺の「nona-oma-i ウニ・ある・もの」に由来していると思いますが、かつてあった地すべりのデブリ上の沼「to-oma-i 沼・ある・もの」の前でもあったから沼前と漢字を当てて、いつしか漢字の読みに引きずられて「ぬままえ」と呼称されるようになった、のかどうかは、今となってはよくわかりません。

沼前岬
[写真]沼前岬。

ヲハシナイ側への旧山道
[写真]ヲハシナイ側への旧山道。

積丹トンネル北坑口より北を望む
[写真]積丹トンネル北坑口より北を望む。

沼前岬を挟んで北に大きな地すべり地形がある。「北海道自然探検 ジオサイト107の旅 p.83」によると、現在は工事によって地すべりは止まっているのだというから驚き。それまではズリズリと動いていたのだとか。

沼前
[写真]沼前標識。

地すべりの取水井戸
[写真]地すべりの水抜き。

沼前地すべり
[写真]沼前地すべり。 [写真]沼前地すべり。

滑落崖のハイアロクラスタイト層
[写真]滑落崖のハイアロクラスタイト層。

そして、沼前地すべりの北の尾根の端がカムイニウシタップコップで、石神社から尾根内にかけての緩やかな曲がりがノッカ。

熊の森のたんこぶ山
[写真]カムイニウシタップコップ。

石神神社
[写真]石神神社。

石神岩?
[写真]石神岩。 [写真]石神岩。
地形図の表記はこの岩の辺りにあるなあ。


ToDO:
凹の写真。