ホーム | 積丹半島の海岸線メモ Index

能蘭岬@神恵内村珊内村

ちょっと「ノーラン」の意味がよくわからない。松浦図は「ノロラン」、西蝦夷日誌と廻浦日記は「モロラン」、永田地名解は「noro-ran 鹿の下る処」。 大正期の地形図にはノナマイ岬という表記もある。 榊原正文氏の「データベースアイヌ語地名1」は「noru-o-ran-i ノルオラニ 熊の足跡・そこで・下る・もの」と解しヲネナイ川左岸の沢筋と想定しておられる。 いずれにせよ、能蘭という惣名として残るくらい強い特徴があると。

ノーラン岬
[写真]ノーラン岬。

ズーム
[写真]ノーラン岬。

永田地名解の「カヤネチシ」はこのことか。「kaya-ne-chis 帆・のようである・立岩」 で、いつも付け根を乗り越していたから「イカウシ」なのか。


ToDO:
快晴時の写真。
漁港のイナウ崎。
珊内川カジヤマ沢と余別川アメマス沢との分水嶺。