ホーム | 積丹半島の海岸線メモ Index

オタスツ@積丹町西河町

西河の転多(ゴロタ)川河口の辺り。 山田秀三氏によれば「オタス ota-sut」は「たいてい砂浜からそろそろ岩磯地帯にかかる辺の地名」だそう。 「砂浜の根元」、あるいは「砂浜の端」。

[写真]オタスツ。 [写真]オタスツ。

なお、転多川は永田地名解では「オタ シュッ ペッ」となっている。「ota-sut-pet 砂浜の端の川」。


転多川から幌内府側へ向かう崖下の海岸がシテキサン「sittek-sam 海岸の傍」、いまいちニュアンスわからないけど。 で、オタパシュマは「ota-pa-suma」だとすると、「砂浜の上手の岩場」という意味なのか、それともオタスツに対して「砂浜のふちの岩場」という意味なのか、わからない。

オタパシュマ
[写真]オタパシュマ。

西蝦夷日誌の「ヘロキサンベツ」と松浦図の「ヘロチサンヘ」も「川」を指しているのか「場所やもの」を指しているものなのか、それとも両方なのか。 幌内府川と転多川の間に小さなナメ滝っぽい沢があるので、その前の浜という意だろうか? でも「heroki-sa-un-pe(pet)」と解すると、「ニシン・浜・にある・所(川)」、あるいは「ニシン・の前にある・所(川)」で、なんかへん。 「ヘロチ」の「チ」を妄想してみると「heroki-at-sa-un-pe(pet) ニシン・群来る・浜・にある・所(川)」の「at」が抜けたのか省略されたような気がする。

ヘロキサンペ?
[写真]ヘロキサンペ。


ToDO:
無積雪期の写真。
エプイ探し。