ホーム | 積丹半島の海岸線メモ Index

日司前浜@積丹町日司町

前浜には雲形侵蝕の進む弁天岩が鎮座しており天然の防波堤になっている。

[写真]日司前浜。 [写真]弁天岩。

日司、ヒヅカ、和名か、アイヌ語由来か。音は「piwka, pit-ka, pi-o-ka, pit-o-ka」に近いのではないかと思う。かつての浜の様は「pi-ot-ka 小石・群在する・岸」が当てはまるような気もする。榊原正文氏は「データベースアイヌ語地名1」のなかで「pit-o-ka 小石・群在する・岸」と試案されておられる。

ひょっとすると、「pit-o-ka」-->「pit-ka ピッ・カ」と転じ、それに漢字を当てたのかもしれない。

昔の写真から浜の部分を切り出したもの
[写真]以前の小石浜。

いまは、袋澗の外側のふちに痕跡が残っている。

[写真]以前の小石浜。 [写真]以前の小石浜。

また、積丹運上屋の置かれたというクッタルシ「kuttar-us-i イタドリ・群在する・もの」というのは、かつて何もなかった時代に段丘の崖下の縁から日司川の河口にかけてイタドリが群生していたのでしょうね。 現在、イタドリがどのように群生していたものなのか想像するのに適した風景は、規模は小さいけど浜婦美かな。

[写真]日司前浜。 [写真]日司前浜。

河岸段丘と日司漁港
[写真]河岸段丘と日司漁港。


ToDO:
クッタルシ山同定。