ホーム | 積丹半島の海岸線メモ Index

サル湾沿い@積丹町神岬町

「sak-ru-ran 夏の坂道」-->「サル湾」。

柾泊:
西蝦夷日誌: マチナ泊-->マサトマリに訛る
永田地名解: マタトマリ、シュンクトマリ 和マサドマリに訛る
マチナ泊: 「mat-ne-tomari 女・のようである・泊地」?
マタトマリ: 「sak-ru-ran」と対になって「mata-ru-何々」が由来か?
レフンコトマリ: 南側の海岸線からみて「沖」にあるという意と、そこが地形的に谷地の入江で「repun-kot-tomari」。

柾泊の入江
[写真]柾泊の入江。
トンネルに向かって正面左の小さな沢の左斜面にジグの切られた道の痕跡が残っている。

神岬漁港
[写真]神岬漁港。
漁港背後の岩山が「si-iwa 大きな・岩山」か。

サル湾沿いの海岸線
[写真]サル湾沿いの海岸線。 [写真]サル湾沿いの海岸線。

南の尾根内側から。

[写真]サル湾沿いの海岸線。 [写真]少しズーム。


ToDO:
ニオモイ側の海岸。