ホーム | 積丹半島の海岸線メモ Index

雷電岬@岩内町雷電

シリパ「sirpa (突き出したる)山の・頭」。弁慶の刀掛岩が恐竜のツノのようだ。南側に不落の洞窟があるらしい。 が、肝心の「雷電」の語源がいまいち解からない。

岩内町のカントリーサイン
[写真]岩内町カントリーサイン。

雷電岬と刀掛岩
[写真]雷電岬。 [写真]刀掛岩ズーム。

磯谷側の海岸より雷電岬遠望
[写真]磯谷側の海岸より雷電岬遠望。

松浦図では「セトコウレシリハ」と「シリハ」が並んでいる。 西蝦夷日誌には「エトクウシホロシレバ」、廻浦日記では「エトクウシヽレバ」で「弁慶の刀懸と云うよし」とあるので、山の突き出した様全体が「シリパ」だとして、 「セトコウレ」「エトクウシ」をどう解釈したものか。おそらく同じものを指していると思うので「etok-us- 先・つけている・ー」くらいしか思い付かない。 つまり、先ある山の頭。


ToDO
快晴時の写真。