ホーム | 積丹半島の海岸線メモ Index

シリパ山@余市町歌越

danger! -- 危険 -- danger!

シリパ「sir-pa 山の・頭」。住所がわからないので便宜的に歌越とした。

アイヌ語地名研究で名高い山田秀三氏は「山の突き出したる頭」と表現している。 現在、「シリパ」という地名が残っているのは余市町のシリパ岬と釧路町の尻羽岬くらいしか思い当たらない。 が、松浦武四郎の残した記録には小樽から瀬棚の海岸線にかけてシリパと付いている崎が多くある。

フゴッペ岬の入江より
[写真]フゴッペ岬の付根の入江より。


danger! -- 危険 -- danger!

余市町のシリパ岬と白岩町の烏帽子岬との間の海岸線の地名が謎。

シリパ岬より西の海岸線
[写真]シリパ岬より西の海岸線。

写真中央に立岩がある
[写真]中央に立岩がある。

写真中央の入江が歌越で、
[写真]写真中央の入江が歌越。
写真上部の崖に挟まれた入江がオートン泊かな


ToDO:
可能なら現地へ出向いてみたい。